前へ
次へ

行政書士の就職について

行政書士として働いているという人がいます。この場合に気になるのは仕事内容や年収や勤務形態と言うことになります。仕事内容に関しては主に官公署に提出する書類の作成と言うことになります。また年収に関してはその金額に開きがあり、200万円から1000万円と言うようになっています。平均年収としては600万円程度となっています。行政書士として就職した場合には、主な勤務先は一般起票の法務部や個人事務所などのような会社員という勤務形態がほとんどとなっています。忙しい時期にはたくさんの量の書類を作成しなければいけないので、遅くまでの残業が続くと言うことも珍しくありません。また独立開業をした場合でも勤務時間に関しては9時から夕方の5時までというようになっています。

top用置換

top用置換2
Page Top